• トップ /
  • 通信制高校に編入するには

通信制高校に編入するには

通信制高校に編入するには、前の高校で、1年間履修する必要があります。つまり1年生のうちには、編入はできないということです。1年生のうちに高校を中退した場合は、次の年度に入学試験を受けて新入生として入学します。2年生になってから高校を中退した場合は、編入できます。その際の試験には、作文が課されることもありますが、選別のためではなく、やる気を見るための作文試験ですから、自分が通信制高校に入学後に、励んでいく気持ちあることが伝わるように作文を書けば良いでしょう。通信制高校は、高校中退者の受け皿としての役割を果たしています。高校卒業資格認定試験に通るより、通信制を卒業するほうがずっと楽です。通信制高校を卒業すれば、当然ながら高校卒業資格も取れますし、大学受験資格も得られます。大学は今や、定員割れしているところがたくさんありますから、大学に入ること自体は楽です。しかし、高校卒業資格がないことには入れませんので、高校卒業資格はぜひともとっておきましょう。通信制高校に編入すれば、結局高校を3年間で終えることが可能になり、18歳で大学に入ることもできます。回り道でもなんでもなくなる可能性が高いわけです。

通信制高校の良い情報

↑PAGE TOP