• トップ /
  • 他の高校から通信制高校へ

通信制高校の編入の条件

高校を中退してから通信制高校に入学するのを「編入」と言います。前の高校で1年間取得した単位が引き継がれ、認定されます。公立の場合は、編入・転入を問わず、4月の時期に入学がほとんどですが、欠員が出た場合に限り、2学期が始まる前(9月)に募集することがあります。私立の通信制高校の場合は、4月か10月の時期に編入できることが多いですが、随時編入できる高校も少なくありません。高校を中退してから通信制高校に入学するまでは空白期間になるため、 基本的に3年間での卒業はできません。例えば、高1の途中で中退してからの場合は、1年からやり直すことになり、高2の3月または、3年の途中で中退した場合は、高3から入学することになります。また、通信制高校から全日制の入学は厳しいですが、一部の全日制高校で、欠員が出た時は、8月の時期に入学試験を行うことがあります。ただし、受験資格は、通信制または定時制高校の1年生に限ります。通信制に編入の際は、学力試験は多くなく、面接や作文を通じて、生徒の状況や今後の指導方法を探ります。不登校経験の受け入れ高校も多く、例えば集団生活が苦手な人には個別指導があったり、友達の輪に入るのが苦手な人には先生が友達を紹介してくれたり、毎日通うのが大変な人は、少ない登校日数で卒業できます。

通信制高校の良い情報

↑PAGE TOP